読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さっちゃんこ・んな日々

日々の出来事、感じた事を思うままに綴っています。

石井竜也 米米CLUBカールスモーキー石井 不倫認める・・・。

 



米米CLUBのカールスモーキー石井 石井竜也さん。

女性セブン2016年3月31日・4月7日号に掲載されました。

 米米CLUBのボーカル・石井竜也(56才)が被災地で美女と密会していたという──。3月11日、宮城・石巻市石巻グランドホテルで、震災犠牲者の追悼と被災地復興を祈願する法要が開かれた。石井は震災への思いを語りながら、祭壇の脇に置かれたグランドピアノの演奏をバックに、5曲の献歌を捧げた。 

 このイベントの合間の事だそうです。ご本人も認めていて謝罪文を出されました。 対応が早ったですねー。グダグダ言わず潔く認めてらっしゃいます。

            

                                               f:id:sacchanko:20161204205924j:plain

親愛なるファンの皆様へ

この度は、私を心から応援してくださっているファンの皆様に、多大なるご迷惑、そしてご心配をおかけしたことに
対しまして、深く謝罪させていただきます。

今回は、誠に申し訳ありませんでした。

皆様に対しましては、心からのお詫びはもちろん、深い失望感を与えてしまいました事、そして皆様の信頼を
傷つけてしまいました事を深くお詫び申しあげますとともに、二度とこのような事のないようお約束させていただきます。

この傷ついた信頼は、これからの自分の行動、そして今まで以上の努力と勇気を持って一歩ずつ歩いていくことでしか、
克服することはできないと思っております。何卒、お許しくださるよう心からお願い申しあげます。

そして、私にとっての宝である家族、特に影になり私を信じて、必死に支えて続けてくれている、愛する妻・マリーザに
対しては、申し訳ない気持ちと夫としての後悔で一杯です。

また、娘・サリーナのことは、父親として、反省はもちろん、私の人生を賭けて、愛情と努力で守り抜く所存です。

それに母親や妹、天国の父、支えてくれる友人たち

そして何より、今まで関わってくださった数々のスタッフの皆様、現在、お世話になっております関係者の皆様、
数々のクライアントの皆様の名誉にかけて、これからの自分の行動に最大限の自覚を持ち、命をかけて邁進していく所存です。

今回の私のとった行動は、軽率かつ愚かな行為であったと、自分自身にも深く失望しております。なくした勇気と自信を、
もう一度取り戻すためには、今まで以上の作品を作ることでしか道はないと覚悟いたしております。

反省だけではなく、アーティストは、作品と行動で表現していくことが使命と考えます。

これからの石井竜也をどうか、叱咤激励していただくとともに、何卒よろしくお願い申しあげます。

そして、親愛なるファンの皆様へ、この度の私の軽率なる行動に対しまして、重ねてお詫び申しあげます。

 親愛なるファンの皆様へ

 石井竜也 
 

 ショックですわ。20代の頃、私も友達もファンクラブに入っていて、毎年行ってたんですよ。ホテルオオクラでの米米CLUBのクリスマスディナーショー💛

ピカピカにおしゃれして行ってました。('')ゞ

その不倫のお相手というのは170㎝の顔立ちのはっきりした美人とのこと。

私の友達もファッションモデルで身長173㎝。もちろんモデルなので目立ちます!

道行く人が振り返る美人で、芸能人じゃないのに「握手してください」と人から言われるほど。彼女はよく「てっぺいちゃんと目が合った、私を見てた」と言っていて、

私はもー、自意識過剰なんだからと言って笑ってましたが、やっぱりそういうことあるみたい。

 

カールスモーキー石井さんはその頃ご自分の事を、てっぺいちゃんと言っていて、

   だから友達もてっぺいちゃんと言っていました、理由は忘れてしまいました。

 

昨年12月初旬、大阪で行われたライブの時に、初めて石井さんのスタッフから彼女に『石井さんがふたりで会いたがっている』と連絡がきたそうです。彼女からすれば直に声がかかるなんて天にも昇る気持ちだったと思いますよ。彼女にとって石井さんは“神さま”みたいな存在。言われることは何でもしたいと周囲に話していましたから。それからふたりは一気に親密な関係になったそうです」

って。

 

この謝罪文、不倫の彼女かわいそうね、ただ遊ばれただけみたいになっちゃって。

これを読んでショックだと思うわ。

 

私の友達もディナーショー、コンサート、イベント後にカールスモーキー石井さんから声をかけられてもちっともおかしくなかったのね!

友達の言ってた「目が合った」というのは、

            本当に彼が見つめていたのかも…。キャッ

 

広告を非表示にする