さっちゃんこ・んな日々

日々の出来事、感じた事を思うままに綴っています。

昭和 子どもの頃 しちゃったイタズラ(2) 

 

今10代、20代の人たちにはピンと来ないかもしれないけど、

30年くらい前は電話は個人の物ではなく家庭に1台が普通でした。☎(昭和40年~60年くらいかな)

なのでお友達との長電話は、母親からよく叱られました。

「大事な電話がかかってきたらどうするの?」とか「電話代払ってもらうよ」と、

脅されたりしました^v^ だから、わからないように小さな声で話したりね ♪

 

後にキャッチホンっていうサービスができたんだけどね。

あっ、キャッチホンわからないかな?電話中に他の電話がかかってきたらわかるの。

   ♪ ♪ ♪ ♪  ♪  ♪ ♪   ♪   

 

 

8才年下の思春期の弟にこんなイタズラをしました

 

学校から帰ってきた弟に

「さっき、女の子から電話があったよ、かわいい声だった。付きあってるん?

 電話ほしいって言ってたよ

と言って電話番号の書いたメモを渡すの。

「えー?知らんでー」と言いながらも嬉しそうに、メモを受け取り、

  受話器を手にダイヤルを回す。

 

さて、電話をかけた相手は・・・

「もしもし わたし リカよ」f:id:sacchanko:20151111204623j:plain

 

     リカちゃんでしたー(^v^)(^v^)

 

  少なからず期待してた弟はがっかりー

 

リカちゃん電話サービスがあったの。小さい頃よくかけたわ~

 

 

 

 
にほんブログ村にほんブログ村 雑貨ブログへ
にほんブログ村にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ

 

 

広告を非表示にする