さっちゃんこ・んな日々

日々の出来事、感じた事を思うままに綴っています。

M-1グランプリ2018暴言騒動 上沼さんの実力

 

 

 2018年12月2日放送のM-1グランプリ2018、審査員の上沼恵美子さんに、昨年のM-1グランプリの覇者とろサーモン久保田かずのぶさんと今年の挑戦者スーパーマラドーナ武智正剛さんが、M-1グランプリ終了した数日後にインスタライブの動画で上沼恵美子さんの審査について批判したのです。

 

 すぐに動画は削除されたので今は見ることができませんがネット上で大炎上が止みません。
2人はTwitter上で謝罪をしましたが、批判の声が大きくなる一方です。

 

とろサーモン久保田さんの謝罪文
この度は私の不徳の致すところで、上沼恵美子さまに失礼極まりない言動をしてしまい申し訳ございませんでした。
今後は二度とこのような事がないよう深く反省しお詫び申し上げます」
かれはこの謝罪文を公表した後、ラップで現在の心境を歌ってますが、茶化した内容で、本心からの謝罪とはとても思えないものでした。
後に、武勇伝にでもなると思ってるのではないでしょうか。

 

スーパーマラドーナ武智さんの謝罪文
「昨日の僕の醜態について、上沼恵美子さん、M―1に携わる方々、すべての方々にお詫びしたいです。申し訳ございませんでした」

 

 ネット上で2人を擁護する声はほとんどなく、上沼さんよりのコメントばかりです。
アンチ上沼さんまで、これはヒドイ!と上沼さん寄りのコメントを寄せています。
 

 

 上沼恵美子さんは、吉本興業松竹芸能など大手の事務所に所属してるのではなく、個人事務所です。
彼女の話芸ひとつでNHK紅白の司会を2度もされました。
1993年から続いているラジオ番組「心晴天」、テレビ番組は「えみちゃんねる」「くぎづけ」「おしゃべりクッキング」など、どれをとっても彼女の番組はのきなみ長寿番組です。
大衆からの支持がないとこうはいきません。



なぜ支持されるのか。

 

それは、面白いから言事はいうまでもありませんが、相手がたとえ大物であってもズバッと本音を言うからです。若い頃からそうなので、敵も多かったと思います。
緒形拳さんが上沼さんの番組にゲストで来た時に、話をはぐらかして、とても会話にならないので、業を煮やした上沼さんが、本番中カメラがまわってるにもかかわらず「もう帰っていただいて結構です、お帰り下さい」と言ったのは有名な話です。
 
すると、緒方さんは「あんた、おもしろいねー」と気に入ってくれて、番組進行ができたとおっしゃってました。
 

彼女がM-1グランプリの審査員の席になぜ座っているのか。

大阪の面白いおばちゃんだから、だけではないですよ。
海原千里万理という一世を風靡した天才漫才師だからなのです。
演芸活動は約6年ほどと、短かったが、その間に「大阪ラプソディー」でレコードデビューをし、大ヒット。ドラマや舞台にも出演。

 

 

 



 とろ・サーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智さんは酔った勢いで、配信してしまったと言い訳をし、謝罪しましたが、時すでに遅し。

 

「クソが」「おばはん」「更年期障害」などのヒドイ暴言や女性蔑視の発言を大阪のおばちゃんならずとも、東京のおばちゃん、日本のおばちゃんは許さないと思いますよ。
日頃から思っているからの発言です。



 たとえ、上沼さんが許しても、テレビ局、芸能界にかかわる人は上沼さんに忖度して、彼らを起用することはないと思います。
好感度を大事にする番組が、わざわざ好感度の低いタレントを起用しない。

 

 とろ・サーモン久保田さんとスーパーマラドーナ武智は自分の蒔いた種ですが、相方、とろサーモンの村田さんとスーパーマラドーナの田中さんがお気の毒です。

 

 特に田中さんは最近、殻が破れて面白くなってきてたのに、、、。
今まで、相方の武智からは小バカにされてきて、内心は悔しい思いをしてたでしょうに。

 

でもでも、田中さんは、武智さんのネタの中のいろんなキャラを演じてきて、演技力が身についてきてるので、"俳優の道"もあるかも。
 
ちなみに、上沼さんがスーパーマラドーナの批評ははコチラ ↓
 

f:id:sacchanko:20161204231139j:plain


2日のM-1決勝には、とろサーモンは前年優勝者として出演。スーマラは2番目にネタ披露した。
「いい人のふりして実は恐ろしい人間」をテーマにしたネタで、審査員の採点は85点(松本人志)~90点(中川家・礼二)の間にまとまった。

 感想を求められた松本は「なんかちょっとサイコ強めかなあ。それを上回るほどの笑いまで持っていけてなかったかなあ。えっ、ラストイヤーなんや。ラストイヤーになんでそんな暗いネタすんねん」と松本流の論評。

 武智は「すみません、自信持ってはやりました。今年1番のネタでした」と語った。

 その後に89点をつけた上沼が論評し「絶対入る時は、おもしろいなと期待できたわ。
どんな展開なるんかなと思って、もうウキウキしたの。
だからもう、やった田中がんばれ、って感じだったんだけども、もうブシャーとしたわ。

悪いけど、後半なると。親しいから言わしてもらうけども。

しかし田中、ようしゃべれるようなったな。
普通の漫才師になったやんか」と語っていた。

 最終的にスーマラは7位だった。
 


 上沼さんが、M-1の審査員を辞めるとラジオで話されたのは12/3(月)ですが、日ごろネットは見ない上沼さんなので、この騒動とは関係ありません。

以前から他の審査員との点差を気にされていたからの辞退宣言です。

 

12/10(月) の「心晴天」で上沼恵美子さんがどんなことをおっしゃるのか、気になります。