読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さっちゃんこ・んな日々

日々の出来事、感じた事を思うままに綴っています。

上沼・高田のクギヅケ 2017.4.16

 

 

 「上沼・高田のクギヅケ!」上沼恵美子・姉 プロポーズ 2017年4月16日(日)


上沼恵美子さんのお姉さんの芦川百々子さん(旧姓橋本)が受けたプロポーズがとっても素敵なのでご紹介します。

上沼恵美子さんは今はお1人で活躍されていますが、以前はお姉さんと漫才コンビを組んでました。

コンビを組むきっかけは偶然に!突然に!

いえ、これは天才上沼恵美子誕生の必然だったのかな。

1971年に叔母・姪コンビの海原お浜・小浜師匠に入門し、すでにデビュー予定だったお姉さんの万里さん。まさかの相方の失踪、そこで急遽、妹の恵美子さんに白羽の矢が当たり、海原千里・万理として姉妹漫才コンビデビューするという・・・、ドラマみたいなお話しですね。

 

その上沼さんがまだ漫才師、海原千里・万理として活躍されてた時の事。

f:id:sacchanko:20170417005759j:plain


姉妹で同じマンションで同居していました。

夜1本の電話が鳴り、千里さん(上沼恵美子)が出ると、当時お姉さんの万理さん(百々子)がお付き合いしていた男性からで、万理さんは電話をしながらとメモを取ってました。

そして、受話器を置いた後、万理さんがワァーっと号泣するので、

「ああ、お姉ちゃんフラれたんだな」っと思った。

ワーワー
と汚い顔で泣いてるんですよ、←お姉さんイジリです、よく大きな顔とか畳みたいな顔とか・・・(笑) それで、どうしたん?と聞くと、

その彼が「今言った言葉から″いろはにほへと″を抜いて!」と言ってガチャンと電話を切ったんですって。

それでその通りに″いろはにほてと″を抜いて残った文字を読むと、


ぼくきめたよめさんはもも

僕、決めた嫁さんは百々子

 


上沼さんが言ってましたけど、「義兄はこんなプロポーズするような顔と違いますよ、姉もこんなプロポーズ受ける顔と違う」って。

 

こんなプロポーズ素敵ですよね~

芦川百々子さん、たまに上沼さんと共演されるのでお姿を見ることがありますが、お幸せそうです。

 

 

広告を非表示にする