さっちゃんこ・んな日々

日々の出来事、感じた事を思うままに綴っています。

昭和 子どもの頃 しちゃったイタズラ(1) 

 

中学2年の時です。

 

「クラスの女子全員から、話があるから放課後、教室に来て」と、

 

担任の男性教諭を呼び出しました。当時35才くらいだったのかなー?

 

体育担任で背は高く、色は浅黒く性格はさっぱり、人気はあった方だと思います。

 

教室では女子生徒が輪になって椅子に座り、その真中に先生用の椅子を用意して

待っていました。

 

先生は、何だろうと思っていたと思いますが、いつもの笑顔で来られました。

 

真中の椅子に座ってもらい、みんなはそのまま黙ってました。

 

先生は「なんやー?」

女子生徒A「言えない」といったまま黙ってみんなうつむいていました。

そのまま時間が流れ

先生が「なんやねん、言うてくれなかったらわかれはんやろ?」

だんだん不機嫌顔に。

女子生徒B「言いにくい、先生に悪くて・・・」

先生不機嫌顔から不安顔に。

先生「なんや?言うてくれ、先生も考えるから、先生に悪いところがあるんやったら言うてくれ」

 

女子生徒C「じゃあ、思い切って言うわ、せーのっ!

女子生徒全員「明日、顔直してきてーーー!!」(^O^)(^O^)(^O^)(^O^)

みんな笑いをこらえてたので、思いっきり笑いました。

 

先生は一瞬、何か判らなかったようで、びっくりしておられましたが、

からかわれたと知った時のホッとされた顔は忘れられません。

 

先生あの時はごめんなさい。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

広告を非表示にする