読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さっちゃんこ・んな日々

日々の出来事、感じた事を思うままに綴っています。

紅茶。ミルクが先か紅茶が先か。王位科学協会が科学的に実証した! 

 

紅茶といえばイギリスが思い浮かびますね。

アフタヌーン・ティーの習慣のせいでしょうか。サンドイッチや、スコーン、ケーキなどのお菓子が2~3段に重なったトレイにのってて。なんか優雅な時間ですよねー

 

さて、ミルクが先か紅茶が先か?

 

これ、どちらだと思います?化学的に立証され発表されてるんですって。

化学的にってところが信ぴょう性ありますね*v*

 

 紅茶の代表的な飲み方は、1870年頃から流行した「Tea with milk」と呼ばれる、紅茶とミルクを混ぜたいわゆる、ミルクティー です。

イギリスの水でいれた紅茶は、ブラックティーと呼ばれ、コーヒーのような黒っぽい色、褐色。

(イギリスの水は硬水の為)になり、これにミルクを入れると、黄褐色になります。

 その後、ミルクの入れ方によって、味が変わるという論争が起こりました。

カップに先にミルクを入れ、後から紅茶を入れるミルクインファースト派と、 先に紅茶を入れ後からミルクを注ぐアフター派、先に入れるとよく混ざり香りが立つと言い、後から注ぐ方が量を加減できて便利と主張し合いました。

その論争は130年間も続いたそうです。でも、2003年にとうとう決着がつきました。

イギリスで権威ある王位科学協会が、ミルクが先の方がタンパク質の熱変性が少なく

美味しくなる。と化学的に立証し発表したのでさ。

 

紅茶の飲み方で130年も論争がつづくなんて、すごいこだわりようですね。

その時美味しければどちらでも全然構わないと思う私は、味の違いのわからない

がさつ者なんでしょうねー^v^

ちなみに私はロイヤルミルクティーが好きです♥♥♥

 

ロイヤルミルクティ

茶葉はお湯で開いてからミルクを沸かしたお鍋にいれて温めてくださいね。

そして、茶こしなどでこして、カップに注いでくださいね。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

広告を非表示にする